頭皮にフケとかゆみがある場合は要注意!

Fotolia_42863806_Subscription_Monthly_XL_R

頭皮にかゆみがあるだけでなくフケもある場合には相当頭皮の環境が悪くなっているので、注意が必要です。

対処が遅いと抜け毛が多くなったり、より多くのフケやかゆみが発生したりすることがあるので、早めに対処しましょう。

それで頭皮にフケやかゆみが発生する原因としては大きく分けて2つあります。

  • 脂漏性皮膚炎
  • 頭皮の乾燥

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎は頭皮の皮脂が過剰分泌されることにより、毛穴が詰まり炎症が起こったり、皮脂を栄養として繁殖する真菌(カビ菌)が発生したりすること原因で頭皮が荒れる症状です。

脂漏性皮膚炎は脂性肌の人に多くみられる皮膚炎で、頭皮以外にも眉毛、わき、前胸、耳の後ろなどにも発症することがあります。

これはよく赤ちゃんに見られる皮膚炎なのですが、最近では大人になってからも脂漏性皮膚炎を発症する人が多くなっています。

脂っぽいものばかり食べている人が増えたことが原因だと考えられています。

脂漏性皮膚炎を発症している場合のフケはベトベトしているのが特徴です。

>>もっと詳しいフケの種類に見分け方はこちら

 

脂漏性皮膚炎の対策としては、過剰に分泌された皮脂を取り除いてあげることが大事です。

その対策については脂性フケの改善方法と同じなのでそちらの記事を参考にしてください。

>>脂性フケの改善方法について

頭皮の乾燥

肌は乾燥するとバリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすくなります。

すると、ちょっとしたことで刺激を受けるので、皮膚がかゆくなりやすいのです。

かゆいからと言って頭皮をかくと、頭皮を傷つけて炎症が起こってしまいこともあります。

炎症が起こると、さらにかゆくなるので、どんどんと悪循環にはまってしまいます。

なので、かゆくても頭皮をかかないように我慢しましょう。

 

また、頭皮が乾燥すると角質が剥がれやすくなり、剥がれた角質がフケとして落ちてきやすくなります。

このようにして頭皮の乾燥がかゆみやフケに関係しているのです。

頭皮の乾燥が原因のフケの場合、パラパラとしたフケが特徴です。

>>もっと詳しいフケの種類に見分け方はこちら

 

頭皮が乾燥している場合の対策としては、頭皮を保湿してあげることが大切です。

頭皮の保湿については乾性フケの改善方法と同じなのでそちらの記事を参照してください

>>乾性フケの改善方法について

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ