ヘアサイクルを乱れさせる4つの原因とは?

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 男性ホルモンによる影響
  • 遺伝の影響
  • 血流低下による毛母細胞への影響
  • 生活習慣の影響

ヘアサイクルが乱れる原因は上に挙げたように主に4つあります。

ヘアサイクルが乱れることによって、薄毛に繋がるのでしっかりと原因を把握して、対策を取りましょう。

男性ホルモンによる影響

AGA(男性型脱毛症)になる大きな原因と言われているのが、男性ホルモンによる影響です。

男性ホルモンの中のテストステロンという成分が、髪の毛の毛根から分泌される5αリダクターゼという成分と結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生します。

DHTは悪い働きをして、髪の毛の成長を抑制する成分を作り出してしますのです。

5αリダクターゼの量が多いとDHTが生成されやすいということが言えるでしょう。

毛が濃い人(男性ホルモンが多い人)ほど禿げやすいなんて言われていますが、実はそこまで関係がないことが分かりますね。

遺伝の影響

5αリダクターゼの働く力というのは個人差があります。

その個人差は遺伝に大きく影響されていると言われています。

また、男性ホルモンに対する感受性を決めるレセプターの量も遺伝の影響を受けていると言われています。

レセプターが多いとその分DHTの働きやすくなるので薄毛に繋がりやすいのです。

なので、両親やその祖父母が禿げていると禿げやすくなるのです。

ただし遺伝をするのはハゲそのものではなく、禿げやすい体質だけです。

遺伝的に禿げやすいことが分かっているのであれば、あらかじめ対処が取れるので油断してい人よりもフサフサの髪の毛を維持することもできます。

血流低下による毛母細胞への影響

髪の毛が成長するには毛母細胞が活発に活動する必要があります。

その毛母細胞が活動するには当然栄養や酸素が必要となってきます。

その栄養や酸素を届ける役目をしているのが血液なのですが、血行が悪くなると栄養が届きにくくなってしまいます。

すると、毛母細胞の活動が低下してしまうので髪の毛が成長しにくくなってしまうのです。

生活習慣の影響

お酒の飲みすぎやたばこ、睡眠不足など体に悪いことというのは頭皮にとっても悪いです。

時々であればさほど影響はないかもしれませんが、習慣となっている場合は定期的にダメージを与えていることになるので、薄毛の進行に繋がりやすいですね。

お酒は適度に飲むのであれば、ストレス解消や血行もよくなるので問題ありません。

 

しかし、一定量を飲みすぎて泥酔状態になると頭皮にもよくないでしょう。

たばこを吸うことは、髪の毛にとって良いことは一つもありません。

たばこを吸うと血液が収縮して血行不良を起こしやすいですし、酸素も行き渡りません。

こういった状態が日常的に続くことは頭皮にとって大きなダメージとなるでしょう。

頭皮のことを気遣うのあれば、不健康な生活習慣を送るのではなく健康的な生活を送るように心がけましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ