体の皮膚と頭皮の違いとは?健康的な頭皮の状態とは?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R頭皮というのは皮膚の一部なのですが、普通の皮膚とはちょっと違います。

そして、頭皮を健康的な状態にしておくということは、健康的な髪の毛を生やすのに非常に重要です。

そこで普通の皮膚と頭皮とはどういう違いがあるのかをしっかりと理解しておきましょう。

皮膚と頭皮の違いについて

皮膚と頭皮の最大の違いとしては、下に筋肉があるかないかです。

体の皮膚は表皮、真皮、皮下組織が重なってできていますが、頭皮の場合は下は筋肉がなく頭蓋骨があるのでちょっと変わった構造をしています。

皮膚、結合組織、帽状腱膜、ゆるい結合組織、頭蓋骨幕という順番の構造となっています。

 

また、筋肉がないので頭頂部から後頭部にかけて自分の意志で動かすことができません。

そのため血流が悪くなりやすいという特徴があります。血流を促進させるためにマッサージなどの力を加えることが大事です。

他にも髭や腕の毛などであれば、毛というのは一つの毛穴から1本しか生えていないのが多いですよね?

しかし、

髪の毛の中で1つの毛穴から1本しか生えていないのは全体の16~20%くらいで、それ以外では1つの毛穴から複数本生えています。

健康的な頭皮の特徴について

健康的な頭皮は「潤い」「滑らかさ」「ハリ」「弾力」「血色(血行)」の要素が優れている頭皮のことを指します。

 

「潤い」「滑らかさ」は角質層に含まれているアミノ酸や有機酸を主体とするNMF、セラミド類、遊離脂肪酸、コレステロールなどを主体をする細胞間脂質さらに汗と皮脂が混ざった皮脂膜が関係しています。

潤いや滑らかさがほしい場合には、これらの栄養素を取るように心がけるといいでしょう。

 

「ハリ」「弾力」には真皮のコラーゲンとエラスチンが関係しています。

紫外線に当たるとハリや弾力が低下して硬くなったりブヨブヨになったりするので注意してください。

 

「血色(血行)」は頭皮の硬さに関係しています。

血行が悪いと頭皮が硬いことが多く、頭皮や髪の毛に栄養が行きにくくなります。

その結果、フケやかゆみ・抜け毛などが多くなり、薄毛の進行に繋がります。

血行を良くするには頭皮マッサージをするのが、一つの方法となっています。

まとめ

健康的な頭皮であれば、ヘアサイクルが正常に働くのでしっかりとした髪の毛が生えてきやすいです。

薄毛対策においても健康的な頭皮を手に入れることは重要なので、その特徴はぜひ押さえておいてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ