フケの種類と薄毛・抜け毛との関連性について

Fotolia_52320429_Subscription_Monthly_XXL_R薄毛や抜け毛に関係しているフケは大きく分けると2種類あります。

その2種類は以下のようになっています。

これらについて詳しく説明していきます。

  • 乾燥しているパラパラのフケについて(異常性乾性落屑)
  • 脂性のベタベタのフケについて(異常性湿性落屑)

乾燥しているパラパラのフケについて(異常性乾性落屑)

乾燥しているフケは、頭皮が普通よりも乾燥しており正常な時以上に角質層が剥がれています。

これは精神的・肉体的疲労や刺激の強いシャンプーを使うと悪化するので注意しましょう。

 

乾燥しているフケのケアは皮脂に似た脂を頭皮に補給することが一つの方法としてあります。

その他には、刺激の少なくて保湿力のあるアミノ酸系シャンプーを使用したり、スキンケアクリームや育毛剤を使うといいでしょう。

また、生活習慣の方でも暴飲暴食など不健康な生活を送らないように心がけましょう。

脂性のベタベタのフケについて(異常性湿性落屑)

脂性のフケは通常よりも皮脂が出ており頭皮が脂ぎっている状態です。

皮脂の異常分泌には男性ホルモンやビタミンの代謝異常などが関係していると言われています。

新陳代謝が活発になると角質細胞が作られるスピードが速くなり、フケの発生に繋がるのです。

 

皮脂は放置しておくと過酸化脂質になってしまい頭皮の炎症の原因になります。

炎症が起きると頭部や顔などに赤い発疹が発生します。このことを脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)といいます。

脂漏性湿疹は細菌や真菌(カビ)などの影響を受けて、ひどくなると頭部だけでなく眉毛や鼻の穴、わきの下など全身に発生することもあります。

 

こうなる前にケアをすることが大事です。

それで脂性のフケが出ないようにするには、シャンプーで過剰な脂をしっかりと洗い落とすことが大事です。

シャンプーで洗い落とす以外にも、ビタミンB6などの接種をするのがいいでしょう。

もしも普通のシャンプーでしっかり洗っても状況が変わらない場合は、マラセチアやトリコフィトン・トンズランスという真菌に感染している可能性があり、薄毛や抜け毛に繋がります。

この場合には、薬用のシャンプーを使ってみたり、皮膚科での治療を受けるようにしましょう。

まとめ

普通のフケであれば特に問題はないのですが、異常で紹介したようなちょっと変わったフケが発生している場合は、薄毛や抜け毛に繋がることがあります。

早めに気づいて対策をとることで、禿げることを防ぐこともできるので、万が一フケに異常がみられるような場合はそれぞれのフケの対策をとるようにしてください、

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ