頭皮と血行(血液の流れ)の関係性について

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R頭皮に栄養を渡すときには血液が使われています。

血液が栄養と酸素を運んできて、頭皮の隅々まで栄養を届けてくれるおかげで健康的な髪の毛が生えてくるのです。

このような関係性があるので、薄毛対策として頭皮と血行がよい状態にするというのがあるのです。

頭皮は血行不良が起こりやすい!

血行が良いことは頭皮にとっても髪の毛にとっても良いことなのですが、残念なことに頭皮では血行不良が起きやすいです。

なぜ血行不良が起きやすいのかと言いますと、頭皮の下には筋肉がないのです。

筋肉がないということは自分の意志では頭皮を動かすことができないので、血流が滞りがちになるのです。

ずっと同じ姿勢だと肩がこるのと似ていますね。

さらに頭は心臓よりも高い位置にあるので血液を届けるのに重力に逆らう必要があります。

その分血液が流れにくくなっているのです。

この他にも、頭皮の場合は頭蓋骨が張っていたり、帽状腱膜がピンと張っていたりして血管が伸びやすいです。

このように様々な要因があるので頭皮は血行不良を起こしやすいのです。

頭皮の異常は血流の異常につながりやすい

ここまででは、血液が頭皮に大きな影響を与えるという話をしてきましたが、その逆もあるのです。

頭皮の状態も血液に影響を与えることがあります。

例えば、夏に強い紫外線を浴びると全身は日焼けしますよね?

体の皮膚であれば、日焼けをしても皮がむける程度で、毛には影響がありません。

しかし、髪の毛の場合はどういうわけか抜け毛が多くなりませんか?

それは頭皮に流れている毛細血管はごく浅い部分を流れているからなのです。

 

血管が浅いところにあるため、皮膚に異常が起こると血流にも異常が起きやすく、その結果として抜け毛が多くなってしまうのです。

そして髪の毛に栄養を渡す血管は、毛根をカゴのように包むようにあります。

頭に怪我をすると出血しやすいのは、浅いところに血管が通っていることが多いからなのです。

まとめ

人の身体で細胞分裂が活発な所の一つに、髪の毛を作る毛母細胞があります。

活発に活動をするわけですから、当然栄養が必要ですよね?

その栄養を届けるのには血液なわけですから、血行を良くするというのは強くて丈夫な髪の毛を作ることに繋がっているのです。

血行が悪いと栄養がいかず、弱くてもろい髪の毛になりがちになります。

なので、薄毛対策として血行を良くするようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ