細短毛や先尖毛が抜けるのは問題?原因・対策や見極め方とは?

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R細短毛や先尖毛が抜ける頭皮の状態は薄毛が進行している証拠となっています。

というのも、普通の髪の毛がヘアサイクルを終えて抜ける場合には、髪の毛は太いですし、毛先はカットされています。

細短毛や先尖毛が抜けるということはヘアサイクルをしっかりと終えずに髪の毛が抜けているということになるからです。

ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛は成長するので太く強くなり毛量が多くなります。

 

しかし、途中で抜けてしまうと髪の毛が成長しきる前に抜けるので毛は細いままですし、本数も少なくなるので毛量が少なくなります。

毛量が少なくなると周りの人からハゲという認識を持たれるので、毛量の確保というのは必要です。

毛量が減っている兆候として、細短毛や先尖毛が抜けるということがあるので、その兆候が感じられたら薄毛対策をすることをお勧めします。

細短毛や先尖毛が抜ける原因・対策について

細短毛や先尖毛が抜ける原因は主に2つあります。

  1. ヘアサイクルの成長期が短くて、自然に抜けてしまう場合
  2. 本来はまだ伸びることができるのに、間違ったケア(シャンプー・マッサージなど)によって新生毛を抜いている場合

間違ったケアで新生毛を抜いてしまっている場合には、これを改善することで新生毛をしっかりとした毛に育てることができます。

なので、こちらの方が薄毛が改善しやすいですね。

 

間違ったケアの多くは頭皮をゴシゴシとやってしまうことにあります。

「頭皮をしっかりと洗った方がいいのでは?」と思いがちですが、ゴシゴシと擦る必要はありません。

イメージとしては揉むように洗うのがいいですね。

ヘアサイクルの成長期が短くなっている場合には、育毛剤を使うなどの処置を行った方がいいでしょう。

細短毛や先尖毛が抜ける原因の見極め方について

原因が1番なのか2番なのかによって対策が異なってくるので、まずはどちらが原因なのかを見極めましょう。

見極め方としては、以下の方法があります。

  • 滑るの良いブラシを使って髪をとかした時に抜ける毛は1番が原因
  • 排水溝に細かい目のネットを張っておき抜け毛を見た時に多ければ2番が原因

この時注意点としては髪をとかす時に強引に髪の毛をとかさないでください。

あくまで優しく髪をとかすようにしましょう。強引に髪の毛を引っ張ると太い毛まで抜いてしまいます。

まとめ

細い毛や新生毛は頭皮にくっついている力が弱いので、非常に抜けやすいです。

だからこそ、間違ったケアをして抜かないように注意しましょう。

ただ抜けることを気にしすぎてケアをおろそかにしてもダメなので、加減が難しいところですけどね。

 

また、新生毛を育てるには育毛剤を使うのも効果的な方法です。

育毛剤には髪の毛を生やすというよりも、髪の毛を成長させるという効果の方が強いです。

なので、新生毛が生えているのであれば、育毛剤を使って髪の毛を丈夫に育てましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ