不健康な頭皮の状態とは?冷たい、褐色、皮脂だらけは大丈夫?

Fotolia_52320429_Subscription_Monthly_XXL_R頭皮の状態が健康的であることは薄毛対策をする上で非常に重要です。

髪の毛が生えてくる部分が不健康な状態で強くて丈夫な髪の毛が生えてくるのは難しいですからね。

肥沃な土地ならばおいしい作物が育ちやすいですが、やせ細った土地だとおいしい作物を作るのは難しいですよね?

それと同じで、頭皮の状態を良くするというのは重要なことです。

そこで不健康な頭皮の状態を知っておくことで、対策するきっかけになるのでぜひ知っておいてください。

冷たい頭皮は不健康?

血行が悪くなっている頭皮というのは、血液や栄養が届きにくくなっているので温度が下がりやすいです。

また、温度が低いところは張っていて硬くなっていることが多いですね。

なので、触ってみた感触や温度を頼りに頭皮の状態をチェックしてみましょう。

専門的に測定する場合は頭皮温度計という機器を使うか、赤外線温度計やサーミスタ温度計を使います。

そういったものがなければ、触ってみた感触を一つの判断基準にするしかありませんね。

薄毛になりやすい生え際や頭頂部などを他の部分と比べるといいでしょう。

明らかに頭皮が硬くて冷たければ薄毛対策をするようにしましょう。

 

褐色の頭皮は不健康?

日本人の健康的な頭皮の色は「青白い」です。

というのも、頭皮の中に毛が埋まっているので青く見えるのです。

これは髭が青くなるのと同じような理由で、こういった色になっています。

青白い頭皮であれば、太くて黒い髪の毛が生えている証拠なので安心してください。

また、白髪や金髪の場合は淡いピンク色をしているのが健康的な証拠です。

もしも褐色の頭皮であれば紫外線の影響を受けて頭皮が老化している可能性が高いです。

 

チェックの仕方は鏡を見て色がどんな色をしているのか見てみましょう。

また、薄毛になりそうなところや気になっているところを指で押してみましょう。

そして、すぐに赤くなるのであれば健康的な頭皮の証拠です。

早い場合は1~2秒くらいで赤くなってきますし、押した後の方が赤くなると血行が良い証拠です。

 

皮脂はあり過ぎても、なさ過ぎても不健康な頭皮!

皮脂は汗と混じって、膜を作ることで頭皮を滑らかにだけでなく、乾燥を防ぎます。

雑菌や微生物の繁殖を防いだり、髪につやや潤いを与えてくれたりもするので、皮脂は大事なものです。

大事なのですが、皮脂があり過ぎたり、なさ過ぎたりすると逆に頭皮にダメージが与えられます。

チェックするときには、見た目や触ってみた感触で判断するといいでしょう。

>>皮脂のケアについてはこちら

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ