薄毛の兆候を見逃すな!頭皮状態のチェックポイントとは?

Fotolia_50428827_Subscription_Monthly_XXL_R薄毛が進行したり、円形脱毛症が起きたりする場合には、事前に兆候が見られることが多いです。

ですが、普通はそんな兆候に気づかずに徐々に薄毛が進行してしまうのです。

そこでどういう頭皮の状態が薄毛に繋がりやすいのかを知っておくことで、薄毛対策をとるタイミングを知ることができます。

頭皮の状態のチェックポイント

  • フケの異常発生
  • 頭皮のツッパリ
  • 頭皮の褐色か
  • 反応性充血速度
  • 毛穴周辺の異常

フケの異常発生

通常であればフケが発生することは何の問題もないのですが、異常に発生する場合は脱毛の兆候であると言えます。

フケは赤と同じようなもので、剥がれた角質に汗や皮脂などが混ざったものです。

これは不潔だけが理由ではなく、貧血や胃腸障害、精神的疲労、性ホルモンのアンバランスなども原因の一つとなっています。

頭皮のツッパリ

頭皮が突っ張っていてつまめないようであれば、血行不良を起こしやすい頭皮の状態になっています。

突っ張っている状態は一般的には頭皮が硬いとも言いますね。

頭皮が硬いと紫外線などの影響でコラーゲンやエラスチンの乱れや分解減少などの変化が起きていたり、乳酸などの老廃物が溜まっていることが考えられます。

頭皮が突っ張っていなくて、グニョグニョと動けばいいのかというと別にそういうことではありません。

適度にハリや弾力がある状態がベストな状態であると言えます。

頭皮の褐色化

日本人の頭皮の色というのは、青白い状態というのが正常です。

これは髭が青くなるのと同じような理由で、毛根部が皮膚を通してみえるので、青白くなるのです。

その色が褐色になっていたり、炎症を起こして赤みを帯びている場合は皮膚の生理機能が低下しているので、薄毛が進行しやすくなります。

反応性充血速度

数秒間頭皮を指で強く押してみて、指を離した後の頭皮の状態をチェックします。

すぐに赤っぽくなれば、血液循環は大丈夫だと言えます。

しかし、白っぽい状態が長く続くようであれば血液循環はあまり良くないでしょう。

毛穴周辺の異常

毛穴に皮脂が詰まっていたり、光っていたり、乾燥してカサカサの状態というのはあまり良い頭皮の状態ではないです。

こういったのはヘアサロンでヘアチェックしてもらうのが一番確実に見れますが、最近ではパソコンにつないで自分でチェックできるようなものも売っているので、それを使うのも一つの手です。

毛穴から皮脂の塊が出ていたり、毛根の周りに皮脂がべったりついているような場合は注意したほうがいいでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ