男性型脱毛症(AGA)の特徴と種類について

男性型脱毛症(AGA)の特徴について

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R男性脱毛症(AGA)は成長している毛のサイクルが休止期に入ることで脱毛する休止期脱毛の代表例となっています。

早い人では20代から髪の毛が薄くなっていき、40代では約30%の人の髪の毛が薄くなっていくと言われています。

いわゆる禿げという場合には、男性脱毛症のことを指すことが多いですね。

男性脱毛症は大昔はアリストテレスも悩んでいたと言われるくらい歴史は古いのですが、なかなか研究が進みませんでした。

というのも、髪の毛がなくなったからといって死ぬわけではないので、どうしても熱心に研究する人がいなかったのでしょう。

 

そのため「朝にシャンプーをすると禿げる」「禿げは遺伝する」とか迷信みたいな情報が出回っています。

中には間接的な原因となっている場合もありますが、そういった迷信みたいな情報はあまり信じる必要がありません。

長い間そんな状況だったのですが、最近では研究が進み、男性脱毛症のメカニズムが分かってきました。

>>薄毛に繋がる原因とは?

 

さらに、医療研究も進んだおかげで、画期的な治療薬フィナステリド(商品名はプロペシア)が作られました。

これを使えば、非常に高い確率で薄毛の進行を止めることができますし、うまくいけば目に見える状態で毛が生えてくるようになります。

>>プロペシアについて

 

男性脱毛症(AGA)の種類について

男性脱毛症では薄くなっていく傾向で種類が分かれています。

その種類を知っておくことで、男性脱毛症なのか別の脱毛症なのかを判断することができるので、是非チェックしておいてください。

  • 前頭部や額の両サイドの髪の毛が薄くなっていくタイプ(A型、H型)
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなるタイプ(C型)
  • A,H,C型の融合タイプ(O発毛型)
  • 前頭部から頭頂部までの髪の毛が薄くなるタイプ(U型)

基本的には前頭部から頭頂部の髪の毛が薄くなっていく症状があります。

 

また、側頭部や後頭部の髪の毛は普通に生えたままであるのが特徴的ですね。

これらのどのタイプの薄くなり方であっても男性脱毛症なので、原因は同じとなっています。

その原因としては、男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。

>>男性ホルモンと毛の関係について詳しくはこちら

自分が男性脱毛症なのかどうかというのを判断するときには、生え際が後退していないかや頭頂部の髪の毛が薄くなっていないかを確認するのがいいでしょう。

 

まとめ

男性型脱毛症というなんだか堅苦しい名前ですが、普通に髪の毛が薄くなっていく場合はこれだと思っていいでしょう。

今では男性脱毛症の対策方法もあるので、それをしっかりと実践することが大事です。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ