DHT(ジヒドロテストステロン)が分泌される原因とは?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R

DHT(ジヒドロテストステロン)の量が増えると髪の毛が薄くなりやすくなるので、あまりジヒドロテストステロンが生成されないようにした方がいいです。

そこでジヒドロテストステロンが分泌される原因を紹介するので、これらを改善して薄毛を改善するようにしましょう。

ジヒドロテストステロンが増える原因とは?

喫煙

ハーバード大学の研究によって、たばこを吸うことでジヒドロテストステロンが増加することが分かりました。

ジヒドロテストステロン以外のホルモンも増加するので、ホルモンバランスが崩れるということになりますね。

たばこは体にいいものではないので、なるべく吸わないようにした方がいいでしょう。

ストレス

ストレスを感じると活性酸素が作られてしまいます。

活性酸素は人が生きていくうえで大切な酸素が活性しているからいいものなのではないかと勘違いしてしまうかもしれません。

しかし、活性酸素は細胞を傷つけるものです。

なので、活性酸素はなるべくない方がいいものとなっています。

それで活性酸素が作られると、対抗するためにジヒドロテストステロンが増えるようになっているのです。

血行が悪くなるとDHTが生成される?

上で紹介した2つが大きく関係しているのは、血行です。

血行が悪くなるとDHTが生成されやすくなるのではないかと考えられています。

 

どういうことかといいますと、男性ホルモンは血液によって全身に運ばれますが、頭の血行が悪くなると男性ホルモンの量が減ってしまいます。

男性ホルモンの量が減ったら、より効率的に男性ホルモンを使う必要がありますよね?

ジヒドロテストステロンはテストステロンと比べて、10倍作用しやすくなるので、ジヒドロテストステロンを生成することで効率的に男性ホルモンを使うことができるのです。

ただ10倍だと、過剰に作用することになりやすく、男性ホルモンの作用が強くなりすぎるというわけです。

 

前頭部では男性ホルモンが作用すると成長を邪魔する因子が作られるので、髪の毛が薄くなってしまいます。

こういったこと以外にも、血液の流れを良くしておくことは髪の毛にとっていいことなので、頭皮マッサージや運動をするなどして、血行が良い状態を保つようにしましょう。

育毛剤でDHTの働きを抑制!

医学的にAGAに対しての効果が認められているプロペシアという育毛剤があります。

これの主な効果は、DHTの抑制作用です。

プロペシアが一番、DHTの働きを抑制することができますね。

臨床試験においても、98%の人が薄毛の改善したほどの効果があるので、非常に期待ができます。

DHTを抑制して、AGAを改善し、髪の毛を増やしたいのであれば、一度プロペシアを使ってみることをお勧めします。

>>AGAに効果的なプロペシアを試しに使ってみるならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ