DHT(ジヒドロテストステロン)の抑制方法とは?

Fotolia_50559040_Subscription_Monthly_XXL_RDHT(ジヒドロテストステロン)は「テストステロンが5αリダクターゼによって」生成されるものです。

テストステロンは男性ホルモンで、なくすことはできません。

なので、抑制したいのであれば5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTが生成されるのを防ぐ必要があります。

 

ちなみに、5αリダクターゼに2種類あり、「タイプ1」「タイプ2」となっています。

それでDHTに関係しているのはタイプ2の5αリダクターゼなので、こちらの働きを抑制するようにしましょう。

5αリダクターゼの働きを抑制する方法とは?

  • 薬を使って5αリダクターゼを抑制
  • 栄養素の力で5αリダクターゼを抑制

薬を使って抑制

DHTは薄毛に大きく関係しているのですが、髪の毛以外にも影響を及ぼします。

例えば、前立腺の肥大はDHTが原因とされています。

それで前立腺肥大を改善するために作られた薬を試していたところ、AGAで悩んでいる人に使った場合、薄毛の改善する事例がみられたので、薄毛の改善にも使われるようになりました。

それで5αリダクターゼを抑制する力はフィナステリド(商品名プロペシア)という薬です。

最初は薄毛の改善のために作られた薬ではなかったですが、結果としては薄毛治療で広く使われるようになりました。

プロペシアを飲むことで、98%の人が進行が止まったり改善したりします。

 

AGAに最も効果のある薬なので、5αリダクターゼを抑えたいという場合には使うことがお勧めします。

ただ、プロペシアは医薬品で副作用があるので飲むときには注意してください。

>>育毛効果抜群のプロペシアを試しに使ってみたいならこちら

栄養素の力で抑制

プロペシアが5αリダクターゼの抑制に非常に効果がありますが、栄養素の中にも抑える力を持っている物があります。

ただ、プロペシアと比べると効果としては下がるので注意してください。

>>DHT抑制作用の成分がたっぷりと配合されているサプリメントはこれだ!

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ