DHT抑制することができる食べ物や飲み物について

亜鉛のDHT抑制作用について

亜鉛は髪の毛に良いと昔から言われている通り、DHTの抑制効果があります。

5αリダクターゼを抑制して、DHTの生成を抑制するという感じで作用します。

また、亜鉛には髪の毛を作るのに必要なたんぱく質を分解する作用もあるので、亜鉛が不足すると髪の毛に必要なたんぱく質が作られないことになります。

 

亜鉛は不足しないようにしなければいけませんが、取り過ぎに注意してください。

亜鉛は取り過ぎると、銅や鉄などの他のミネラルが不足してしまいます。

特に銅の不足は脱毛を引き起こす原因にもなっています。

サプリメントで亜鉛を取ろうとすると、過剰摂取になる可能性が高いので、食べ物で摂取するのが一番いいでしょう。

亜鉛を多く含む食べ物について

牡蠣・アーモンド・焼き海苔・ココア・カシューナッツ・クルミ・ネギ・大豆など

大豆イソフラボンのDHT抑制作用について

大豆イソフラボンにはDHT抑制作用があります。

ラットを使った実験においても、大豆粉または半精製イソフラボンを与えたラットは男性ホルモンが増加するのに伴ってDHTの減少が確認できました。

ソース:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12416261

大豆は体に良い食べ物でもあるので、積極的に食べるようにしましょう。

日本食を食べるような意識を持てば、自然と大豆を食べることができますよ。

大豆イソフラボンを多く含む食品について

納豆・豆乳・豆腐・油揚げ・きな粉・みそなど

緑茶のDHT抑制効果について

緑茶には5αリダクターゼの抑制効果があり、DHTの量も抑制することができます。

緑茶は日本人にとってはなじみ深い飲み物なので普段から飲んでいる人も多いと思いますが、緑茶を飲むときには出がらしではなく、淹れたての緑茶を飲むようにしましょう。

 

また、緑茶は飲む以外にも直接頭皮にかけるという方法も育毛に効果があると言われています。

内側だけでなく、外側から頭皮をケアするという感じですね。

緑茶を頭皮にかける場合は、髪の毛を洗った後に緑茶ですすいでください。

淹れたての緑茶を使う場合は、やけどしないように冷ましてから使うようにしましょう。

やけどしないように緑茶を冷ましてから、洗髪後にすすぐようにしましょう。

>>DHT抑制作用の成分がたっぷりと配合されているサプリメントはこれだ!

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ