円形脱毛症の原因や治療方法について

円形脱毛症の原因について

Fotolia_54349576_Subscription_Monthly_XL_R円形脱毛症は、突然髪の毛の一部が抜けてしまう症状を指します。

男性型脱毛症(AGA)の場合は、徐々に髪の毛が減っていくので何らかの対策をとることもできますが、円形脱毛症は自覚症状も特になしで、いきなりやってきます。

 

そのため髪の毛が抜けた本人からすると大きなショックを受けることが多いです。

髪の毛がいきなり抜けると人前に出ることが恥ずかしくなり、人生が悪い方向に変わってしまうことも珍しい話ではありません。

円形脱毛症はストレスが原因であると言われてきましたが、最近ではストレスとはあまり関係ない人もかかるようになっているので、一概には言えなくなりました。

 

それで具体的にどういうメカニズムで髪の毛が抜けるのかといいますと「臓器特異的自己免疫疾患」によって抜けると言われています。

普通免疫というのは体の中にウイルスが入ってきたときに、攻撃をしてウイルスを排除します。

しかし、自己免疫疾患の場合は、何らかの原因によって体の一部をウイルスと勘違いして攻撃してしまうのです。

円形脱毛症の場合は、髪の毛を攻撃するので髪の毛が抜けてしまうということです。

これがどうして起きるのかまでは分かっていないので、未然に防ぐことは難しいです。

 

円形脱毛症の治療方法について

円形脱毛症は軽い症状であれば、特に何もしなくても元通り髪の毛が生えてきます。

ストレスが原因となっているのであれば、そのストレスを解消することが大事ですね。

ただし、髪の毛全体が抜けるような重症の場合は病院に行くのがいいでしょう。

具体的にどのような治療方法があるのかを簡単に紹介していきます。

  • ステロイド治療
  • 液体窒素療法
  • ドライアイス圧低療法
  • PUVA療法(紫外線療法)
  • 局所免疫療法

ステロイド治療

ステロイドには免疫機能を抑制する働きがあります。

円形脱毛症は上でも説明したように、免疫機能が誤作動を起こした時に起こるものなのでその免疫機能を抑制することで症状を軽くすることができるのです。

ただ副作用もあるので、長期間使うのは少し難しいです。また、子供は対象外となっています。

液体窒素療法
ドライアイス圧低療法

患部に特異的な刺激を与える治療法です。

痛みが伴うので、それに耐えられる方に使うようになっています。

こちらも子供は使わないです。

PUVA療法(紫外線療法)

紫外線を照射することでリンパ球の働きを抑制させます。

毛が生えてくると紫外線を頭皮に照射できなくなるので、再発することが多いです。

局所免疫療法

薬を付けることで、患部をすこしかぶれさせます。

そうすることで自己免疫反応を起こしているリンパ球を抑制する別のリンパ球が集まるようになります。

そうすることで毛が生えてくるようになります。

ただし、即効性がないので半年~1年くらいかけて治療していくものとなっています。

この手法は子供でも使うことができます。

 

まとめ

円形脱毛症は老若男女問わず誰にでもかかる可能性があります。

なので、過度に気にすることはありません。むしろ気にしすぎて余計にストレスをためる方がよくないでしょう。

軽度の場合であれば、放っておいても大丈夫ですが、気になる方は病院にいって治療をすることをお勧めします。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ