生え際部分(おでこ)が脂っぽいと脂漏性皮膚炎に発展する!?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R鼻からおでこにかけてはいわゆるTゾーンと呼ばれ、脂っぽくなりやすい個所です。

中には脂をとってもとっても脂っぽくなる人もいるようですね。

脂っぽいのを放置していると、毛穴が脂でつまり炎症を起こしてしまうということがあります。

これを脂漏性皮膚炎と言います。

炎症を起こしてしまうと場合によっては、薄毛や抜け毛の原因に繋がるので生え際が後退してしまうことがあります。(脂漏性脱毛症

脂漏性皮膚炎まで発展しなくても、おでこがテカッているのは嫌という人もいますね。

そういう人に向けて、生え際周辺が脂っぽいときの対策方法を紹介します。

生え際部分が脂っぽいときの対策とは?

  • シャンプーをしっかりする
  • 水分を多くとる

シャンプーを程よくする

脂っぽいのであれば、まずはその脂を取るためにシャンプーをしましょう。

多くの人は毎日シャンプーをしていると思いますが、その脂をとるためにゴシゴシを洗ったり、洗浄力が高いシャンプーを使っていませんか?

脂を取り過ぎてしまうと、肌は乾燥してしまいます。

その状態のまま放置するのは体の大事な水分がなくなってしまうのでそれを防ぐために脂を出すのです。

つまり、脂を取り過ぎるとその後反動のように脂が出てきてしまうというわけです。

なので、脂は取り過ぎないようにした方がいいのです。

 

取り過ぎないようにするには、弱アミノ酸系のシャンプーを変えるのがいいですね。

弱アミノ酸系のシャンプーであれば、程よく脂を残した頭皮状態を作ることができます、

>>脂を程よく取り皮膚炎を抑えるシャンプーはこれだ!

 

水分を多くとる

肌や頭皮が乾燥してしまうと、その乾燥をなくそうと脂が出てきてしまいます。

なので、肌や頭皮を乾燥させないようにすることが大事です。

肌や頭皮を乾燥させないためには水分を多くとるようにしましょう。

例えば、水をこまめに飲むようにするといいですね。のどが渇く前に定期的に水を飲むようにしましょう。

 

ちなみに、水分と言ってもお茶やコーヒーなど利尿作用のあるものではなく、水を飲むようにした方がいいです。

利尿作用のあるものを飲むとすぐに尿として排出されるので体に水分がたまりません。

 

また、生え際部分に化粧水をたっぷりつけて保湿をしましょう。

乾燥をしているとクリームや乳液などをたっぷりつける人がいますが、乾燥させないようにするために大事なのは水分です。

なので、化粧水をたっぷりとつけるようにして、クリームや乳液は少なめにした方が肌が脂っぽくならずに済みますよ。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ