ハゲや薄毛に繋がる3つの原因とは?男性ホルモン?遺伝?

H薄毛になるときに大きく分けると3つの原因があります。

どれか一つが原因で髪の毛が薄くなることもあれば、複数の要素が絡み合って髪の毛が薄くなることもあります。

 

薄毛になる原因を大きく分けると以下の3つの原因に分けることができます。

  • 男性ホルモン
  • 遺伝的要因
  • 頭皮の異常

男性ホルモン

男性ホルモンは一般的には毛を濃くするイメージがあると思います。

例えば、髭やすね毛などは男性ホルモンが多い人ほど濃くなる傾向があります。

しかし、禿げやすい前頭部の髪の毛では特殊な酵素が作られています。

その酵素と男性ホルモンが結びつくことによって、髪の毛の成長を邪魔する成分が作られてしまうのです。

>>男性ホルモンと髪の毛との関係性についての詳しい情報はこちら

 

男性ホルモンが主な原因の場合は薬を使うことで、特殊な酵素の作用を妨げることができて、髪の毛の成長を邪魔する成分が作られにくくすることができます。

遺伝的要因

「禿げは遺伝する」なんて言われていますが、これは正確に言うと間違っています。

というのも、今のところ薄毛につながる直接的な遺伝子というのは見つかっていません。

あくまで遺伝するのは、「禿げやすい体質」です。

体質だけなので、健康的な頭皮の状態を保つことができれば、薄毛にならずに済むでしょう。

>>遺伝と髪の毛との関係性についての詳しい情報はこちら

 

頭皮の異常

髪の毛が生えてくる頭皮の状態が良くないと、髪が抜けやすくなったり、髪に栄養が行き渡らずにしっかりとした毛が生えてこないようになります。

なので、頭皮の状態を健康的な状態に保つ必要があります。

それで頭皮の異常というのは以下のような原因であることが多いですね。

健康上の問題

食生活のアンバランス

食生活が肉中心の場合は、血中コレステロール濃度が高まります。

こうなると血液がドロドロになり、頭皮の隅々まで血液が行き渡りにくくなります。

しっかりと栄養を受け取ることができない髪の毛はどうしても弱々しくなるでしょう。

そこで食事の栄養バランスを考えて、健康的な体になることで血液を頭皮の隅々まで行き渡らすことができるようになります。

精神的なアンバランス

ストレスが溜まると自律神経が正常に作用しなくなります。

すると、ストレスをどうにかするために、カテコラミンという物質が分泌されるようになります。

カテコラミンは血管を収縮しやすくなるので、細かいところまで血液が回りにくくなります。

また、交感神経の緊張から胃腸障害を起こして、栄養の補給することが難しくなり、栄養不足につながります。

こうなると髪の毛まで栄養が渡りにくくなるので、薄毛が進行しやすくなります。

間違った手入れ

シャンプーやリンス、スタイリング剤などが頭皮に残り皮膚を刺激することがあります。

当然その刺激はよくないので髪の毛が抜けやすくなります。

また、ブラッシングをすると静電気が発生しますが、その静電気が頭皮にダメージを与えることがあります。

静電気というと大したことはないのでは?と思いがちですが、場合によっては1万ボルト以上になることもあります。

頻繁にそんな電圧がかかると当然頭皮にダメージが残り、髪の毛が抜けやすくなるのです。

 

まとめ

ハゲは治らないと思いがちかもしれませんが、しっかりと原因があるのでそれらを解消することで進行を止めたり、再びしっかりとした毛が生えてくることは珍しい話ではありません。

あなたに合ったケアをして、髪の毛を増やすようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ