粃糠性脱毛症と脂漏性脱毛症の特徴と改善対策について

粃糠性脱毛症について

粃糠性脱毛症の特徴とは

粃糠性脱毛症は頭皮に乾燥したフケが発生して毛穴が詰まることによって頭皮が荒れ、その結果として起こる脱毛症です。

毛穴が詰まると代謝が悪くなるので、髪の毛が十分に成長する前に抜けやすく、細い髪の毛になりやすくなります。

粃糠性脱毛症の対策とは

これは頭皮が乾燥している状態なので、なるべく皮脂を取らないように心がけます。

具体的な方法としては以下のような方法があります。

  • シャンプーの使用回数を2日に1回程度にする。シャンプーを使わない日はぬるま湯で洗う程度にしましょう。
  • シャンプーをアミノ酸系シャンプーなどの頭皮に優しいものにする
  • シャンプーをした後のすすぎをしっかりと行い、オイルの補給や保湿を行うようにする
  • ドライヤーを一か所にあてすぎず、一気に乾燥させない
  • 紫外線を避けるようにする

これらの対策のほかに栄養面のケアもあります。

栄養面ではビタミンAやビタミンB群を取るように心がけるといいでしょう。

 

脂漏性脱毛症について

脂漏性脱毛症の特徴について

脂漏性脱毛症は粃糠性脱毛症とは逆で皮脂が必要以上にある場合に起こる脱毛症です

べたついているフケが出てきたり、前頭部や頭頂部だけでなく、側頭部や後頭部の髪の毛も抜けていく特徴があります。

日本人の30%程度は脂漏性脱毛症の傾向がみられると言われています。

脂漏性脱毛症の対策について

脂漏性脱毛症は

  • 髪の毛を洗う回数が少ない
  • 頭皮の血行が悪かったりすることで皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まる
  • 細菌によって炎症が起こる

などによって発生します。

そこで以下のような対策をとるのがいいでしょう。

  • シャンプーでしっかりと頭皮を洗い、皮脂を取り除く(ただし取りすぎると、その後過剰に分泌されるので取りすぎには注意)
  • アミノ酸系シャンプーや殺菌剤含有のシャンプーを使う
  • 育毛剤を使う
  • マッサージをして、頭皮の血行を良くする

栄養面での対策では、ビタミンB2、ビタミンB6などを摂取するのがいいでしょう。

また、糖分や脂肪分、アルコールなどを控えた方がいいですね。

 

まとめ

粃糠性脱毛症と脂漏性脱毛症を見分けるときに発生しているフケがどんな感じなのかをチェックするといいでしょう。

乾燥していれば粃糠性脱毛症、湿っていれば脂漏性脱毛症となります。

どちらの脱毛症もシャンプー方法と食生活を変えることで改善することができるので、しっかりと対策をとるようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ