薄毛の自覚症状を知って、早めの対策がおすすめ!

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R薄毛や抜け毛の対策をする前に、「禿げてきたのか」「もともとおでこが広いのか」どちらなのかを知っておく必要があります。

元々おでこが広いのであれば、いくら育毛剤を使ったり、薬を使ったりしてもそれ以上は毛は生えてきません。

高いお金を支払ったのにまったく意味がなかったなんてことは嫌ですよね?

はっきり言ってお金の無駄ですね。

元々おでこが広いのであれば、薄毛予防をいろいろやった方が将来的に禿げる可能性が低くなるのでそちらをお勧めします。

それで髪の毛が薄くなってきたのかを判断するには、以下のチェックポイントを確認するといいでしょう。

薄毛になったかどうかの10のチェックポイント

  • 髪の毛の太さが細い、ハリ、コシがなくなった
  • 細くて短い抜け毛が多くなった
  • 毛根にフケのような白い塊が付いている抜け毛が多くなった
  • 抜け毛の量が毎日100本以上ある
  • 頭皮がかゆくなりフケが多くなった
  • シャンプーを毎日しても髪がべたつく
  • 髪が濡れると頭皮が見えるようになってきた
  • 分け目の部分が以前より広がって見えるようになった
  • 今までと頭皮の色が違う(白っぽい色→褐色)
  • 他人から髪の毛が減ってきたのでは?など髪について言われることが多くなった

これらがより多くあてはまるようであれば、その分薄毛が進行してきている可能性が高くなります。

 

この他にも薄毛の進行が進んでいるのかチェックする方法としては、マイクロスコープを使うという方法があります。

マイクロスコープを使って、薄毛が進行しているであろう生え際の毛の状態を見ます。

額(おでこ)の毛であれば、1つの毛穴から1本しか生えていないでしょう。

 

それに対して、頭髪の場合は1つの毛穴から2~3本生えていることが多いです。

これを一つの基準として、生え際の後退が進んでいるのかをチェックしましょう。

もちろん頭髪の場合でも1つの毛穴から1本しか生えていないこともあります。

ありますが、それは全体の20%くらいなので、見分けることができますね。

 

まとめ

マイクロスコープを利用したほうが、毛の状態を直接見ることができるので、薄毛になっているのか、もともとおでこが広いのかの判断はつきやすいでしょう。

マイクロスコープがなければ、上の方で挙げたチェックポイントを参考にしてください。

 

ただおでこが広いだけなのに、薄毛に悩むのはもったいないです。

それは一つの個性として受け取って、将来的に禿げないようにケアをするのがいいでしょう。

また、薄毛が進行しているようであれば、早めに育毛剤を使うことで進行を遅らせることができたり、髪の毛が増えたりしやすいです。

手遅れになる前にしっかりとしたケアを行いましょう。

>>今、髪が増えると評判の育毛剤はこれだ!

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ