女性の髪の毛が細くなる原因とは?加齢?頭皮環境?

加齢による脱毛症

Fotolia_54349037_Subscription_Monthly_XXL_R壮年性脱毛症といっても、加齢によって起こる脱毛症があります。

これは年を取ったらしわができるみたいなもので、避けることはできません。

これは男女関係なく起こるものなのですが、「ハゲ=男性」というイメージから薄毛は男性が悩むものと思っている人も多いです。

女性は男性のようにツルツルになることはありませんが、髪の毛が細くなったり本数が減ったりすることがあります。

 

それで壮年性脱毛症の中に、男性型脱毛症(AGA)という男性ホルモンが関係している脱毛症があります。

女性には男性ホルモンがないから関係がないのでは?と思うかもしれませんが、女性の場合は30歳前後に女性ホルモンのピークを迎え、その後は年齢を重ねるたびに女性ホルモンが減っていきます。

すると、男性ホルモンの割合が多くなります。
(例えば、昔は10:1だったのが5:1になるみたいな感じです。この数字は適当です)

男性ホルモンの割合が増えるために、男性型脱毛症(AGA)を発症することがあります。

 

AGAの場合は男性であれば前頭部(前髪や生え際、こめかみ部分)から髪の毛が細くなり抜けていくのですが、女性の場合は頭頂部(つむじやてっぺん)から髪の毛が薄くなっていきます。

>>女性のAGA対策の詳細はこちら

ダメな生活習慣で頭皮環境が悪化!

髪の毛は頭皮から生えてくるので、頭皮環境が悪いと髪の毛が成長しにくいです。

頭皮はよく土壌で例えられますね。

良い土壌であればよい作物を作ることができますが、悪い土壌であればスカスカな作物しか作ることができませんよね。

髪の毛もこれと同じように、頭皮の環境によって丈夫な髪の毛の生えやすさが変わってくるのです。

 

それで頭皮環境は睡眠・運動・食事など様々な生活習慣に影響されます。

理想は生活習慣を改善することですが、それが難しいという場合にはシャンプーを使って頭皮環境を改善するといいでしょう。

>>シャンプーを使った頭皮環境改善方法について

間違ったヘアケア

仮に年齢や頭皮の状態が問題なくても、生えてきた髪の毛に対して間違ったケアを行うと髪は痩せていきます。

カラーリングしたりアイロンを毎日使ったりと、髪の毛を酷使するとキューティクルは剥がれ、髪はパサついたり、枝毛・切れ毛が多くなったりします。

キューティクルが剥がれる分、髪の毛が細くなるということ感じです。

髪の毛にダメージを与えるようなことをしている場合には、コンディショナーやトリートメントを使ってしっかりとケアをしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ