育毛は薬(医学的な力)だけに頼らず頭皮ケアをするのも大事!

Fotolia_32151581_Subscription_Monthly_XXL_R現在、薄毛や髪の毛の脱毛の対策方法として、日本皮膚科学会が発表されている「男性型脱毛症診療ガイドライン」「円形脱毛症診療ガイドライン」があります。

これらによって、育毛や発毛において科学的な根拠や医学的にどうかなどが問われるようになりました。

また、そのガイドラインにのっとっている薬も発売されているのでそれらで治療をすることが多くなりました。

 

しかし、そこら辺の育毛・発毛サロンはガイドラインに沿って治療をするのではなく、独自の方法を使います。

その方法は科学的な証拠などをそれっぽく見せていますが、医者ではないので医学的な施術や薬の処方をすることはできません。

なので、育毛・発毛サロンに行くくらいならば、薄毛や脱毛の診療をしている皮膚科に通った方が改善の見込みがあります。

まあ病院に行っても、大体は薬をもらって終わりなことが多いですけどね。

その薬をもらうためには医師の処方が必要なので、病院に行く必要があります。

※自己責任になりますが、個人輸入で薬を手に入れるという方法もあります。

薬を使う事以外に大事な事とは?

ガイドラインにのっとった薬を使えば改善する可能性は高くなるのですが、薬だけに頼らない方がいいでしょう。

例えば、風邪をひいた時は風邪薬を飲めば改善に向かっていきます。

しかし、早く風邪を治したいのであれば、栄養のある食事をする、早く寝るなどを行った方がより効果的ですよね?

 

これと同じように薄毛を改善したいときにも、薬だけ頼るのではなく頭皮のケアや健康に気を付ける方がいいのです。

そうすることで相乗効果が生まれ、薄毛改善の可能性をより高めることができるのです。

頭皮も体の一部なので、健康的な体を手に入れることで頭皮の状態もよくなります。

対策方法について

健康的な体を作るというと、食事や運動などをしなければならず、忙しいサラリーマンには難しいことが多いです。

はっきり言って、毎日ランニングをするとか、栄養バランスが完ぺきな食事をするのは難しいですよね。

いきなり生活がガラッと変えて、健康的な生活を送るのではなくできる範囲でいいので徐々に健康を意識したほうがいいでしょう。

特に髪の毛がしっかりと生えてくるまでの期間は半年以上の時間がかかるので、長期間続けることができないようなことはしない方がいいですべ。

例えば、

  • 食事で野菜を食べるように気を付ける
  • エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を歩くようにする
  • 頭皮をマッサージするようにする

などのできそうなところから始めるといいと思います。

そうやって徐々に健康的な体を作り、髪に良い頭皮の状態を作るようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ