M字はげにはプロペシアが有効?ミノキシジルは効かない!?

Fotolia_32151581_Subscription_Monthly_XXL_R

M字はげに悩んでいる人で少し詳しい人であれば、「M字はげにはプロペシアが有効でミノキシジルは効果がない」といったことを聞いたことがあると思います。

これは間違いではないのですが、意味を勘違いしやすいですね。

まずはなぜこんなことが言われているのかを説明していきます。

なぜミノキシジルは効かないと言われているのか?

ミノキシジルは前頭部(M字や生え際部分)には効果がなく、頭頂部の薄毛に効果があると言われています。

これは「前頭部だから効かない」とか「頭頂部だから効果がある」というわけではなく、AGA(男性型脱毛症)だと効果が現れにくく」「壮年性脱毛症(年を取ることによる薄毛)には効果がある」ということなのです。

 

なぜAGAだと効果が現れにくいのかと言いますと、AGAは薄毛の進行が早いのでミノキシジルで育毛・発毛を促しても、薄毛の進行に負けてしまうのです。

もしAGAが頭頂部から進行した場合、ミノキシジルを使ってもあまり効果はないです。

 

それでなぜ前頭部には効かないという風に言われているのかと言いますと、海外ではAGAの場合、前頭部から髪の毛が薄くなっていく人がほとんどなのです。

AGAだと効果が現れにくいので、前頭部の薄毛にはミノキシジルは効かないと言われているのです。

ちなみに日本人の場合だと前頭部からだけでなく頭頂部から薄くなっていくパターンも多いので、一概に前頭部だからとか頭頂部だからとかは言えません。

なぜプロペシアは効くと言われているのか?

海外では前頭部(M字や生え際)はAGAが原因で薄毛になりやすいです。

AGAの原因を改善することで髪の毛が生えてきやすくなるので、M字はげにはプロペシアを使うのがいいと言われているのです。

 

プロペシアを飲むことで増毛作用があると言われていますが、実際には髪の毛を増やすような力はないです。

プロペシアの作用はAGAの原因であるDHTが作られるのを抑えることです。

はげにくくすることがメインなので、最低でも現状維持させるという感じです。

あまり髪の毛が増えることは期待できません。

もちろんAGAの原因がなくなることで髪の毛が増える人もいますが、そういう人は健康的な生活を送っている人でしょうね。

プロペシアとミノキシジルは併用することで相乗効果が見込める

プロペシアはAGAを改善する力
ミノキシジルは髪の毛を成長させる力

がそれぞれにあるので、併用することでより髪の毛が生えてきやすくなります。

とりあえずはプロペシアを試してみるというのもいいですが、少しでも早く改善したいのであればミノキシジルも一緒に使うようにしましょう。

>>とりあえずプロペシアの詳細を見てみるならこちらから

>>とりあえずミノキシジル入りの育毛剤の詳細を見てみる

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ