ストレスによって薄毛・抜け毛は進行するのか?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R薄毛に悩む人の多くは男性型脱毛症(AGA)であることが多いのです。

男性型脱毛症の研究が進み、原因としては男性ホルモンが大きく関わってきていることが判明しました。

>>男性ホルモンと毛の関係性について

しかし、これはまだ一部の原因でしかなく、すべてが明らかになったわけではありません。

男性ホルモン以外にも複雑に原因が絡み合っていると思った方がいいでしょう。

 

その原因のうちストレスというのも関わっています。

というのも、強いストレスが溜まると代謝機能が低下して血流が悪くなります。

末梢神経の血行も悪くなり、頭皮では前頭部や頭頂部の血流量が減ってしまうのです。

血流量が減ると困るので、それを改善するために体内でテストステロンという物質の量を増やします。

しかし、このテストステロンが増加すると、前頭部や頭頂部では髪の毛の成長を邪魔をする成分が作られてしまうのです。

そのために髪の毛が減ってしまうと考えられています。

 

ストレスが原因なのであれば、「ストレスがなくなれば再び髪の毛が生えてくるのでは?」と思うかもしれませんが、今のところストレスがなくなれば髪の毛が生えてくるという例はありません。

円形脱毛症であれば、ストレスが原因で発症した場合、ストレスを解消することで改善に向かうみたいですが、男性型脱毛症では直接的な関係性はないみたいです。

とはいっても、ストレスを少なくするというのは髪の毛にとって確実にプラスであるといってもいいでしょう。

髪の毛にも良い!ストレスの解消法とは

心のケアをすることでストレスと軽くすることができます。

その中でも特に有効で簡単な方法というのが、睡眠です。

良質な睡眠を十分にとることでストレスも解消できますし、髪の毛の成長にとってもプラスなのです。

睡眠をとるときにはなるべき一定の生活リズムで寝るのがいいですね。

 

というのも、人はサーカディアンリズムという約24時間で繰り返されている生理現象があります。

まあ、生活リズムみたいなものですね。

これが狂うと人は体の調子があまり良くないのです。

例えば、海外に行った時に時差ボケで体調が悪くなるなんて話を聞いたことありませんか?

スポーツ選手が海外に行くときには時差ボケが改善されるように早めに海外に行きますよね。

それはサーカディアンリズムを整えるために早めに行っているのです。

なので、サーカディアンリズムを崩さないためにも一定の生活リズムを送って睡眠をとるのがいいでしょう。

 

その時に、髪の毛に最も良いのは22時~2時のゴールデンタイムに寝るのがいいでしょう。

この時間帯は質の良い睡眠をとることができる時間帯なので、体にとって非常に良い時間帯となっています。

まとめ

ストレスと溜めるのは髪の毛に良くないので、なるべくストレスを解消するように心がけましょう。

その時に22時~2時のゴールデンタイムに寝るのが、髪の毛にも良いストレス解消方法となっています。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ