薄毛になるとどんなデメリットがあるのか?

Fotolia_41126552_Subscription_Monthly_XXL_R薄毛は体の調子を直接的に悪くするような病気ではないので、長い間熱心な研究がされていませんでした。

確かに薄毛は病気ではありませんが、人の人生には大きく影響してきます。

それは徳島大学大学院によって「AGAとストレス・生活QOL」の調査によって明らかにされています。

※生活QOL…生活の質という意味

AGAとストレス・生活QOLの調査について

その調査では薄毛を自覚している男性1494名のうち86%を超える人が薄毛を気にしていることが分かりました。

気にしている人のうち約66%の人が薄毛に対して何らかの対策をとっていることも分かりました。

また、薄毛を気にしていない人のうち32%の人も薄毛に対して何らかの対策をとっているみたいです。

 

それで薄毛を気にしている人に対して、誰に対して気にしているのかを複数回答可で尋ねてみたところ、以下のような結果が出ました。

  • 職場・学校などの同僚 43%
  • 妻やガールフレンド 40%
  • 友人・知人 38%
  • 家族・親戚 23%
  • 女の他人 44%
  • 男の他人 30%

この結果から多くの人が女性から髪の毛が薄いと思われるのが気になるということが分かりました。

「薄毛のをどう思っているか」という質問に対しては

  • 「異性に対して魅力的でない」と思っている人が65.4%
  • 「薄毛がカッコ悪い」と思っている人が75.3%

でした。

 

この段階で多くの人が薄毛に対してよくないイメージを持っており、そのために薄毛が気になっているということが分かりますね。

さらに薄毛になったことによる精神的な変化や行動面での変化について質問をすると以下のような結果が出てきました。

  • 外見的に魅力的ではない 52.4%
  • 髪が完全に生えていたときに比べて自信がなくなった 40.4%
  • 他の人が髪の毛の薄くなったところを見ているような気がする 50.6%
  • 他人が髪の毛が薄いことについて話している気がする 21.7%
  • 仕事で他の人と同じような機会を与えられていないと思った 15.5%
  • スポーツをするのをためらうようになった 19.3%

このように薄毛になったことによって精神的ダメージがあったり、行動に変化が現れるようになったのです。

まとめ

以上の調査からわかるように、髪の毛が薄くなることによって、生活に影響が出ます。

すると、ストレスも溜まりますし病気にもかかりやすくなります。

薄毛は病気ではないので直接的に苦しめられることはありませんが、間接的には病気の原因につながる可能性は0ではありません。

それで現在では男性型脱毛症(AGA)の研究も進んでしっかりとした対処方法があります。

しっかりと対処をすれば、高い確率で髪の毛が生えてくるのでぜひ実践してください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ