薄毛・抜け毛に繋がるフケはあるのか?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_Rフケと脱毛には直接的な関係性はありません。

というのも、フケというのは新陳代謝によって頭皮の表面がはがれたものと、皮脂や汗、ほこりなどが一緒になったもので、普通に生きていれば、みんな発生しています。

 

フケというのは不潔にしていると発生するというイメージがありますが、実はそれ以外に様々な原因があります。

例えば、シャンプーの不足、物理的・科学的なダメージ、貧血や胃腸障害、精神的な疲労、炭水化物や脂肪の取りすぎ、ビタミン不足、アレルギー、生活環境などがあります。

 

普通のフケであれば、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーを使えばおさまることが多いです。

普通のフケであれば特に問題がないのですが、しっかりとシャンプーをしているのにもかかわらずフケが発生している場合は、脱毛の前兆である可能性が高いです。

フケそのものに問題があるというよりは、頭皮に異常があるから問題のあるフケが発生するという感じです。

頭皮に異常があるときのフケについて

薄毛や抜け毛に繋がっているフケには主に2種類あります。

  • 乾いているフケ
  • 湿っているフケ

これらの特徴と対策方法を紹介していきます。

乾いているフケの特徴と対策方法について

頭皮が乾燥している状態だと、乾いたフケが発生します。

頭皮の乾燥を防ぐためには、オリーブオイルはホホバオイルを擦り込んでからシャンプーをするといいでしょう。

また、シャンプーが終わった後に保湿をするのも効果的です。

乾いているフケに対して、フケ止めシャンプーを使うのは刺激が強いのであまり良くありません。

それよりもアミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを使うのがいいでしょう。

湿っているフケの特徴と対策方法について

湿っているフケの場合は、微生物が関わっていることが多いです。

そのため頭皮には表皮ブドウ球菌やニキビ桿菌、黄色ブドウ球菌、連鎖状球菌、緑膿菌、大腸菌、真菌などのたくさんの菌がいます。

対策としては、殺菌剤が配合されているシャンプーを使うといいでしょう。

それでジンクピリチオン(Z.P.T)、オクトピロックスなどの殺菌剤が入っているシャンプーを使うことでたいていの場合おさまります。

それでもおさまらない場合は、真菌対策のミコナゾールナイトレート(硝酸ミコナゾール)入りのシャンプーを使うようにしましょう。

 

おまけ

ちなみに、日本では未発売のシャンプーですが、ケトコナゾール入りのフケ用シャンプーというのがあります。

ケトコナゾールシャンプーを使うことで、髪の毛が濃くなるという話があります。

とある実験では2%ケトコナゾールシャンプーと2%ミノキシジルを比較すると、毛髪密度、毛幹径、成長期毛の比率がほぼ同じであるという結果が出ています。

なので、薄毛とフケに悩んでいるのであれば、ケトコナゾール入りのシャンプーを個人輸入で手に入れるというのも一つの手でしょう。

 

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ