薄毛家系でなくとも頭髪ケアは必要?生活習慣の関係性とは?

Fotolia_50428827_Subscription_Monthly_XXL_R両親やそれぞれの祖父母に薄毛の人がいないから、20代まで髪の毛がフサフサだったからといっても、これから先ずっと髪の毛を維持できるというわけではありません。

というのも、薄毛の原因は遺伝の要素だけでなく、様々な要素が複雑に絡み合っています。

 

現在有力な説としては、男性ホルモンの影響がありますが、すべてが解明されたわけではありません。

その中で遺伝も原因の一つであるとされていますが、あくまで遺伝で受け継がれるのは薄毛になりやすい体質だけです。

体質だけなので、必ず薄くなるわけでもありません。

例えば、太りやすい体質だからといって必ず肥満になるわけではないですよね?

これと同じことです。

それで体質的に薄毛になりやすいわけではない場合でも、遺伝以外の要素に問題があれば髪の毛は薄くなっていきます。

 

生活習慣が良くないことが薄毛の原因になることもある?

薄毛に大きく関わっていることの一つとして、生活習慣があります。

生活習慣が良くないと体の調子って悪くなっていき、場合によっては病気になりますよね?

体にとって悪いことというのは、当然頭皮や髪の毛にとってもよくないことなのです。

その結果として、徐々に髪の毛が薄くなっていくのです。

 

なので、肉中心な食生活を送っている、睡眠時間が少ない、運動をしないなどのあまり良くない生活を送っていると薄毛に繋がります。

”不健康な体”を手に入れることは”不健康な頭皮”を手に入れることに繋がります。

”健康的な体”を手に入れることは”健康的な頭皮”を手に入れることに繋がります。

 

このような関係性があるので、遺伝的に大丈夫だからといって油断をするのではなく、しっかりとした頭皮のケアを行いましょう。

また、遺伝的に問題がある場合でもしっかりとケアをすることで、予防をすることができるので、遺伝だからとあきらめずにケアをすることを心がけましょう。

頭皮の状態チェック方法について

不健康な頭皮というのは頭皮が薄くて硬い場合が多いです。

頭皮が薄くて硬いと、血液の循環が悪くなりやすく、毛に栄養が渡りにくくなります。

栄養が行き渡っていないということは、薄毛に繋がりやすいので、将来的に問題があるかどうかというのは頭皮の状態を見て判断をします。

頭皮の硬さチェックのやり方について

厳密に頭皮の硬さをチェックする場合は頭皮硬度計を使うのがいいのですが、普通はそんなもの持っていないので、簡易的なチェックの方法を紹介します。

頭皮で薄毛が気になっている部分を指で押しましょう。

その時の硬さの目安は握りこぶしを作った手の状態と比べましょう。

「中指の付け根の出っ張っている部分」と同じくらいの硬さであれば、注意したほうがいいでしょう。

「手の甲の中心部分」と同じくらいもしくは柔らかい場合は問題ありません。

頭皮が動くかのチェック方法について

硬いというのは触った時の感触だけでなく、前後左右に動くかどうかというのも関わっています。

それでチェックの方法としては、

頭皮をつまんで前後左右に動くようであれば、問題ありません。

動かないようであれば、血行不良が起こりやすい状態になっていますね。

 

まとめ

遺伝以外にも薄毛の原因につながるものはあるので、遺伝的に大丈夫だからといって油断しない方がいいです。

その時に頭皮の状態をチェックすることで、禿げやすい状態かどうかというのをチェックすることができます。

やり方は、頭皮の硬さのチェック、頭皮が動くかのチェックの2つがあるので、2つとも試してみてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ