マープどんな増毛方法なの?どんな人に向いているの?

マープはアートネイチャーの増毛方法の一つで、結毛式という増毛方法をとっています。

結毛式なので、人工毛を髪の毛に結び付けるという形で増毛を行います。

マープにはマーピングという定額で増毛するプランも用意されています、

 

マーピングでは、徐々に髪の毛を増やしていくので周りにはいつの間にか髪の毛が増えたという風に思わせることができます。

どうしても一気に増毛をしてしまうと、明らかに違うことが分かってしまいますからね。

徐々に増やすことで周りにばれることなく、増毛をすることができます。

ただマープの増毛方式では1度付けたらそれでずっと髪の毛が増えるというわけではなく、髪の毛が伸びると人工毛がずれてきます。

そのため定期的なメンテナンスが必要となっています。

マープの特徴について

マープは4つの方法に分かれており、それぞれ特徴があります。

その特徴について説明していきます。

マープナチュレ

細い人工毛を結び付けるので、ふんわりとした髪の毛の人に向いています。

自毛1本に2~6本人工毛を付けることができるので、増やしたいところは多くつけ、あまり増やさなくても大丈夫なところは少なく付けることができます。

これであなたの髪に自然になじむように髪の毛を増やすことができますね。

マープトレン

マープナチュレは細い髪の毛だったのに対し、マープトレンでは太い髪の毛を結び付けます。

元々の髪が太くてコシのあった場合には、この種類が向いていますね。

ただマープトレンは人工毛が太いので2~4本までしか1本の髪の毛に付けることができません。

太さがある分付ける本数が少なめでも、見た目のボリュームアップは問題なくできるでしょう。

マープソニック

マープトレンまでは自毛に対して直接髪の毛を結ぶという形で増毛をしていますが、マープソニックは直接結ぶ以外にも人工毛が付いたライン上の素材を髪の毛に結び付けることによって増毛を行います。

ライン上の素材を結び付けるだけで髪の毛を増やせるので、1時間で2000本という多くの髪の毛を短時間で増やすことができます。

マープマッハ

マープソニックと同じような形で増毛を行いますが、ソニックよりも短時間でより多くの髪の毛を増やすことができます。

たったの20分で、2000~4000本の髪の毛を増毛することができます。

たくさんの髪の毛を増毛したいという場合にはマープマッハを選ぶといいでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ