ピンポイント増毛(フィックス・チャージ)はどんな増毛方法?

髪の毛を増やしたいところを集中的に増やすことができる増毛方法です。

この方式の増毛方法は多くのヘアサロンで行われている方法で一般的なものですね。

薄毛が少し進行してきて生え際やM字部分が気になるという場合にお勧めの方法です。

ピンポイントフィックス

ピンポイントフィックスは結毛式と呼ばれる増毛方法です。

髪の毛に人工毛を結び付けることによって髪の毛を増やします。

増やせる人工毛の数は2~6本で、増やしたい所を集中的に増やすこともできます。

また人工毛はより自然なものになっていて、自毛と混ぜても見分けがほとんどつきません。

自然な形で髪の毛を増やせるのはうれしいポイントですね。

 

注意点としては、あまりに毛が薄くて弱っている場合には、この増毛方法を使うことはできません。

髪の毛に結び付けるので結び付けている髪の毛が抜けてしまうと人工毛も一緒に抜けてしまいますからね。

ピンポイントチャージ

ピンポイントフィックスとの大きな違いは、髪の毛に直接結び付ける以外にも人工毛を増やすことができるということです。

これだけではよく分からないと思うので、もう少し詳しく説明していきます。

WS000000

この図をよく見てもらえれば分かりますが、自毛以外のところにも人工毛が生えていますよね?

これは頭皮に人工毛を植え付けて生やしているわけではなく、特殊な繊維で髪の毛をつないでその特殊な繊維から人工毛を生やしているという風になっています。

ちなみに頭皮から人工毛を出すのであれば、それは植毛手術になるのでお医者さんがやらなければいけません。

ピンポイントチャージを行うのは理美容師なので、頭皮から人工毛を生やすことはできないでしょう。

 

髪の毛に結び付ける以外でも人工毛を増やすことができるようになった分、簡単にボリュームアップをすることができるようになりました。

また、作業時間も早くなったので増毛にかかる時間も短縮されました。

こういった利点からピンポイントチャージよりも安い料金で行うことができますね。

注意点としては、人工毛だけでなく糸も自毛に結び付けるので髪の毛にかかる負担が大きくなってしまいます。

負担が大きくなると髪の毛が抜けやすくなるので注意してください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ